Channel#19


六本木SuperDeluxeで行われている最先端サウンド+映像イベント「Channel」に出演させていただきました。

なぜ、僕がここに居るかというと、テクノ法要の映像クリエイトをサポートしていただいている映像クリエイターのKen-ichi Kawamura氏からのお誘いのおかげ。

上の映像はKawamura氏がクリエイトした動画の一部です。

この動画がめちゃめちゃカッコイイ。

鳥肌モノです。

無機的なラインや図形と仏像の3Dデータが音に反応しながら空間を飛び交い一体となっていく。

様々なエフェクトもバッキバキに。

横に長いのは、会場のスクリーンがプロジェクタ3台を使用して壁全面を使用した形状であるため。

その効果もあって、ゴリゴリの映像がより迫力をもって空間を創る感じです。

そんな空間の中、出演順は以下の通り。

LIVE: Fugenn & The White Elephants DUB-Russell katsuhiro Chiba Lycoriscoris wk[es] テクノ法要 朝倉行宣 (Techno Hoyo – Gyosen Asakura)

VJ: Keijiro Takahashi Kezzardrix Scott Allen + rystylee Masatatsu Nakamura toe on net Kenichi kawamura

一番最後って、プレッシャーが強すぎです。

最初から「正に最先端!」という感じのメチャクチャCoolなサウンドとビジュアルに圧倒されっぱなしで、今後のクリエイト活動に影響が強く残ることは間違いありません。

しかし、このクオリティーの中、僕の音をオーディエンスに受け入れていただけるのかという不安がよぎる。

そんなナーバスになりかけていると、Burning Manの仲間たちが応援に駆けつけてくれました。

何よりも心強いです。

僕とKawamura氏のコラボPlayを始めると、オーディエンスは映像に見入る人・体を音にゆだねる人・手を合わす人など様々な受け取り方で、その場から立ち去ることなく、暖かく見守っていただきました。

お客さん・出演者・スタッフ・BMの仲間たち・すべての方々に感謝。

#照恩寺 #テクノ法要 #KenichiKawamura

特集記事
最新記事