​本堂の仏像・掛け軸

阿弥陀如来像fix.JPG

阿弥陀如来像

浄土真宗のご本尊で、救主です。

阿弥陀とは、サンスクリット語のアミターバ(限りない光)・アミターユス(限りないいのち)を音写した言葉で、現代風に意味を表現すれば「超時空」と訳せるかもしれません。

なお、阿弥陀仏とは、時代や空間を超えて、すべてを照らす真理の光そのもので、本来色も形も無い仏様ですが、私たちが礼拝しやすい手立て(方便)として仏像の形をしていると言われています。

親鸞聖人fix.JPG

親鸞聖人

浄土真宗をお開きになった宗祖です。

9歳で仏門に入られ、比叡山で20年間修行されましたが、本当の心の安らぎを得ることは出来ませんでした。

意を決した聖人は、山を降り戒律の生活と決別し、法然上人の門弟となられ、南無阿弥陀佛の浄土の教えにご自身の救いを見出されました。

歴史上、初めて公式に結婚され子を授かった僧侶と言われています。

浄土真宗の教えをまとめた、正信偈を含む「教行信証」を記されました。

蓮如上人fix.JPG

蓮如上人

本願寺派の現在の基盤を築かれました。

当時、衰退していた本願寺を復興するため、御文章による文書伝道を盛んに行い、吉崎(福井県あわら市)では親鸞聖人が記された正信偈・和讃に節(メロディー)を乗せて、新しいお勤めを制定しました。

また、正信偈を印刷して広く普及させるなど、斬新なイノベーションを興されました。 8代本願寺門主で、中興の祖とされています。

七高僧fix.JPG

七高僧

浄土の教えを正しく伝えられたお坊様たちです。

インド  龍樹菩薩    天親菩薩

         曇鸞大師

中国

     道綽禅師    善導大師   

日本   源信和尚    源空上人

            (法然上人)

聖徳太子fix.JPG

聖徳太子

親鸞聖人が憧れた存在です。

幼くしてご両親と別れた親鸞聖人は、聖徳太子を父親のように慕い、日本のお釈迦様と仰がれました。

聖人が比叡山での修行に行き詰まりを覚えた際には、聖徳太子ゆかりの六角堂に籠られ、95日目に太子が夢枕にお立ちになって阿弥陀仏の救いをお示しされたと伝えられています。